看護師不足への対処

看護師の慢性的な不足が続く中で、病院側も経営存続の危機に立たされています。

 

そこで看護師不足の改善は、各病院等においても早急の課題となっています。例えば、対策の1つとして、男性の看護師や、東南アジア等からの外国人看護師の採用を、近年では積極的に取り入れる対策をとっています。

 

東南アジア諸国と、自由貿易締結の話合いが進むなかで、積極的な人材の交流を図る動きがあります。そこで、国内の看護師不足を、海外の看護師の血を挿入することで補おうとするものです。

 

また、看護師不足の要因の1つに、看護師資格保持者数と実働看護師数のギャップ解消も、看護師不足に対する即効性のある対策といえます。看護師の業界では、結婚や妊娠を機に離職をした看護師だとなかなか職場に復職を出来ない特徴があります。

 

その為、復職をしない埋もれた看護師を、復活させることが最も有効な対策として、各医療機関で対処が検討されています。例えば、子育て世代の看護師を復職させる為に、大きな病院などでは保育所を併設するところも現れています。

 

その他にも、子育て中の看護師には、夜勤勤務を免除することを使用条件とする病院もあります。また、看護師が職場に留まれるように、その地位の向上も緊急の課題としています。実際に、看護師の質が高いと患者を救う確率が高まり、医療事故の防止にも繋がります。

 

そこで、より専門的な能力を有し、所定の審査を受けた看護師を、専門看護師や認定看護師として資格認定する制度が導入して、看護師のモチベーションの向上が図られています。

関連ページ

看護師不足の要因
看護師不足の要因について説明します。
看護師不足の問題点
看護師不足の問題点について説明します。
看護師不足の影響
看護師不足の影響について説明します。
准看護師の減少
准看護師の減少について説明します。
中堅看護師の転職
中堅看護師の転職について説明します。