看護師不足の要因

看護師が不足するきっかけとなったのは、2006年の診療報酬改定に他なりません。この中で、看護師の配分が見直されました。

 

これまでの入院患者10人に1人の看護師の割合であったものが、7対1に変更されました。これは、患者への看護内容の向上と、看護師の負担軽減を目的として、取り入れられた制度になります。

 

しかし、看護師の割合が変更されたことで、同じ入院患者数であれば、看護師の採用数を増やす必要が出て来ました。結果として、これが看護師の人手不足に、更に追い討ちを掛けることになったといえます。

 

また、看護師が不足する要因としては、職域の拡大もあります。これまでの病院や診療所だけでなく、老人ホームや介護施設、更には訪問介護などの需要が増えたことが影響をしています。

 

また、看護師は患者との間で養われた高いコミュニケーション能力が、一般企業においても高い評価を得ており、看護師の募集が増加をしています。その他にも、看護師が不足する要因として、労働条件の悪化と、イメージの低下もあります。

 

看護師が不足することで、当然、現職の看護師1人当たりの労働量は増加を致します。その結果、看護師の重労働が風評として広がることで、就労を敬遠する人が増加することにもなりました。

 

また最近では、潜在看護師の活用についても、しばしば取り上げられています。看護師は、結婚などを気に退職した者が、子育てなどを一段落した看護師が復職をする率が、他の職種と比較しても低くなります。このような復職率の低いことも、看護師不足に影響を及ぼしています。

関連ページ

看護師不足の問題点
看護師不足の問題点について説明します。
看護師不足への対処
看護師不足への対処について説明します。
看護師不足の影響
看護師不足の影響について説明します。
准看護師の減少
准看護師の減少について説明します。
中堅看護師の転職
中堅看護師の転職について説明します。