看護師不足の影響

看護師不足問題は、医療の現場にも様々な影響を及ぼしています。

 

当然、医療の現場に働く看護師一人当たりの、労働負担が重くなることにつながっています。こうした、看護師の職場環境の悪化は、医療事故へのリスクを高めることにもなりかねません。

 

また、昨今では、自治体や私立を問わずに、地方病院になるほど看護師不足が顕著に現れて来ています。看護師が不足することで、病院経営の存続が苦しくなる施設も報告されています。

 

このように、地方における病院の閉鎖は、地域住民にとって大きな不安が余儀なくされます。また、都会の病院においても、看護師争奪戦がおきてしまい、看護師が確保できない病院では、産婦人科や小児科などのリスクの高い診療科から優先に廃止を行い、看護師を他の診療科に回すことで、病院経営の存続を図っています。

 

これに伴い、産婦人科や小児科の診療科数が激減、最近では、産婦人科や小児科を志す医師も減少を始めています。その一方で、看護師の売手市場が続くことで、より給与の高い職場や福利厚生の整った職場を目指して、転職をする看護師が急増をしています。

 

但し、転職ブームの陰では、転職で入ってきた看護師の方が、現職で働く看護師よりも給与が高くなる、逆転現象も問題視されるようになっています。

 

転職の看護師が職場で増えることで、職場環境の悪化をもたらしていることになります。

 

転職で看護師の補填が出来たと思ったら、逆に待遇に不満を持った中堅看護師が出て行くことで、職場のレベルが落ちてしまう悪循環になっています。

関連ページ

看護師不足の要因
看護師不足の要因について説明します。
看護師不足の問題点
看護師不足の問題点について説明します。
看護師不足への対処
看護師不足への対処について説明します。
准看護師の減少
准看護師の減少について説明します。
中堅看護師の転職
中堅看護師の転職について説明します。