准看護師の減少

准看護師とは、看護師と一線を引いて区別されています。例えば、看護師は国家資格なのに対して、准看護師は准看護師学校等を卒業後、都道府県知事試験に合格すると免許が交付されます。

 

そもそも、准看護師の資格が設けられた背景には、終戦後の看護師不足を補填する為の、暫定措置が始まりとなります。但し、准看護師の職務内容については、看護師と大差はありません。

 

しかし、職務内容か変わらないのにも関わらず、給与や待遇が看護師よりも劣ることが、准看護師の担い手が減少を続ける要因となっています。ちなみに、現在の看護師有資格者の中で、約4分の3が看護師、残り約4分の1が准看護師の割合になっています。

 

看護師不足が、病院経営を揺るがすほどの社会問題となりつつある現在において、本来、看護師不足を補填する為にスタートした准看護師の方が、年々減少傾向に陥っていることになります。

 

それに伴って、准看護師学校等の校数も徐々に減りつつあります。准看護師を目指す人の中には、看護助手として働きながら、准看護師学校の夜間で学んでいる人も多くいます。金銭面や時間の問題など、個々の事情で看護師免許を取得することが出来ない為に、まずは准看護師を目指す人も多くいます。

 

最近では、准看護師を育てるべく、通信制での教育へも取り入れるなど対策も打たれています。しかしその反面では、年々と医療が高度化する現在において、准看護師の知識不足や技術不足を懸念する声も上がって来ています。実際に、日本看護協会では、准看護師制度そのものの廃止を要望する動きがあります。

関連ページ

看護師不足の要因
看護師不足の要因について説明します。
看護師不足の問題点
看護師不足の問題点について説明します。
看護師不足への対処
看護師不足への対処について説明します。
看護師不足の影響
看護師不足の影響について説明します。
中堅看護師の転職
中堅看護師の転職について説明します。