看護師不足の問題エントリー一覧

看護師不足の要因

看護師が不足するきっかけとなったのは、2006年の診療報酬改定に他なりません。この中で、看護師の配分が見直されました。これまでの入院患者10人に1人の看護師の割合であったものが、7対1に変更されました。これは、患者への看護内容の向上と、看護師の負担軽減を目的として、取り入れられた制度になります。しか...

続きを読む

看護師不足の問題点

コメディカルとは医師以外の医療従事者を指しています。例えば、看護師に保健師や助産師、更には、薬剤師に臨床検査技師や診療放射線技師、そして、管理栄養士や理学療法士など、多数の職種を含んでいます。その中でも、特に人手不足が深刻なのが看護師といえます。医師は患者の病気だけを診ていれば良くても、看護は病気に...

続きを読む

看護師不足への対処

看護師の慢性的な不足が続く中で、病院側も経営存続の危機に立たされています。そこで看護師不足の改善は、各病院等においても早急の課題となっています。例えば、対策の1つとして、男性の看護師や、東南アジア等からの外国人看護師の採用を、近年では積極的に取り入れる対策をとっています。東南アジア諸国と、自由貿易締...

続きを読む

看護師不足の影響

看護師不足問題は、医療の現場にも様々な影響を及ぼしています。当然、医療の現場に働く看護師一人当たりの、労働負担が重くなることにつながっています。こうした、看護師の職場環境の悪化は、医療事故へのリスクを高めることにもなりかねません。また、昨今では、自治体や私立を問わずに、地方病院になるほど看護師不足が...

続きを読む

准看護師の減少

准看護師とは、看護師と一線を引いて区別されています。例えば、看護師は国家資格なのに対して、准看護師は准看護師学校等を卒業後、都道府県知事試験に合格すると免許が交付されます。そもそも、准看護師の資格が設けられた背景には、終戦後の看護師不足を補填する為の、暫定措置が始まりとなります。但し、准看護師の職務...

続きを読む

中堅看護師の転職

看護師の中でも、10年〜15年目の中堅看護師が、職務満足度が最も低いとするデーターがあります。日本医療労働組合連合会のある調査結果では、約7割強の中堅看護師が、仕事を辞めたいと思ったことがあると答えています。しかし、病棟の看護長や主任クラスの中堅看護師の離職及び転職の増加は、病院にとって最も大きな問...

続きを読む