看護師の労働環境

看護師の人手不足は、看護師の労働環境を悪化させる原因といえるかもしれません。看護師の職場では、仕事がきつい、患者の汚物処理などが汚い、又は医療に伴うリスクが高いといった声が良く聞かれます。

 

更には、給与が安かったり、残業が多くて休みが取れない、又は夜勤勤務など不規則な生活で体調を崩しやすいといった声もあります。実際に、看護師の多くは、薬を多用しているとも云われています。

 

また、長時間の緊張した勤務から、ストレスを溜め込みやすく、うつ病を患ってしまう看護師も増えています。同様に、看護師はストレスから、喫煙率が高いデーターもあります。患者の健康を見守る看護師が、不健康な行為をするのは、ナンセンスなことでもあります。

 

そこで、昨今では看護師に対する、メンタルヘルスに力を入れる病院が増えるなど、看護師の健康面を管理する必要も生まれています。その他にも、看護師は婚期が遅れる可能性であったり、勤務シフトの変更が難しく、子育てとの両立が難しいといった問題点も指摘されています。

 

近年では、医療技術の高度化や医療機器のハイテク化といった、医療の進歩には凄まじい勢いがあります。当然、看護師は新しい技術への対応が迫られており、医療技術に対しては常に向上心を持っていなければなりません。

 

その一方では、日本看護協会の調査では、看護師の凡そ3人に1人は、何らかの暴力や暴言を受けた経験があるとしています。残念ながら、ナースステーションの閉ざされた空間の中では、問題が表面化する確率も低くいものです。

関連ページ

日本の看護の歴史
日本の看護の歴史について説明します。
看護師の職場
看護師の職場について説明します。
看護師の転職理由
看護師の転職理由について説明します。
職務経歴書の書き方
職務経歴書の書き方について説明します。