パートタイマー看護師の募集

改正パート法が施行された以降、パートタイマーの勤務形態も多用化するようになりました。

 

一週間の所定労働時間以外は、全て正規職員と同一待遇のパートタイマーもいれば、職務内容は正規職員と変わらないが、人事異動等の無い代わりに賃金形態が異なるタイプもあります。

 

一般に、看護師のパートタイマーといえば、後者のタイプになります。そこで、看護師のパートタイマーは、夜勤専従と嘱託職員、そして短期間職員の3タイプに分類がされています。夜勤専従は、単価の高い夜勤帯で効率よく収入を得ようとする人に向いています。

 

嘱託職員は高年齢車雇用安定法の改正によって、60歳以降65歳までを嘱託職員として再雇用される人をいいます。そして短期間職員とは、正規職員と比較して、就業時間や就業日数の少ない人を指します。

 

医療業界では、看護職の特殊性から、ワークシェアリングの導入が、一般企業に比較して遅れていました。そこで短期間職員が、育児や介護で忙しい看護師であったり、自己啓発やスキル向上を目的とすることで、時間に制約のある看護師への適応に期待されています。

 

特に、子育ての為に離職をした看護師が、子育て期間の終了により看護師に復職をする際には、正規職員ではなくパートタイマーでの採用を規模する人が増加をしています。過度のプレッシャーに晒される正規職員を、敬遠する人が多いことになります。そこで、看護師の求人サイトでも、パートタイマーの募集も近年では増加傾向にあります。

関連ページ

クリニックの看護師募集
クリニッにおける看護師募集について説明します。
地方病院の看護師募集
地方病院の看護師募集について説明します。
看護師と准看護師の募集
看護師と准看護師の募集について説明します。
専門看護師(CNS)の募集
専門看護師(CNS)の募集について説明します。
認定看護師(CN)の募集
認定看護師(CN)の募集について説明します。
夜勤専従の募集
夜勤専従の募集について説明します。