訪問看護師の募集

日本の訪問看護の始まりは古く、1970年頃からになります。当時は、主に医療機関からの継続看護としての意味合いが強くありました。

 

その後は、全国に訪問看護ステーションが設置され、高齢者だけでなく在宅で療養する全ての人へ、訪問看護の対象が拡大されています。そして、訪問看護の内容は、予防的な医療から長期ケアに至るまで拡がって来ました。

 

その症状の具合によっては、急性期から回復期、安定期、そして終末期といった経過全てに、訪問看護師は関与することが必要となります。まず、訪問看護師はかかりつけ医が交付した訪問看護指示書に基づいて、適切な対応を取らなければなりません。

 

その為には、訪問看護師は訪問看護計画書を作成して、利用者やその家族と相談を行ってから看護をスタートさせます。また、訪問看護師は看護の経過や看護内容について、主治医に報告書の提出が義務付けられています。

 

当然、訪問看護師は、自らが血圧計や聴診器等を持って、在宅医療を行うことになります。更には、自宅療養者の症状の経過を観察する、重要な役目も担っています。このように、訪問看護師には幅広い知識とスキルが求められており、高いモチベーションを持った、遣り甲斐のある仕事として捉えられています。

 

高齢化社会を迎えた日本では、老人の単身世帯も急増をしています。一方では、病床数の減少から、在宅治療を強いられる人も増加を辿っています。又は、医療技術の進歩から、これまでの入院治療から通院治療へと変化しつつあります。こうした社会背景からも、在宅医療に携わる訪問看護師の募集が増えています。

関連ページ

ケアマネージャーとしての仕事
ケアマネージャーとしての仕事について説明します。
潜在ナースの募集
慢性化するナースの人材不足の対策として、最も即効性が高いとされているのが、潜在ナースの活用です。
外国人看護師の募集
外国人看護師の募集について説明します。
医療メディエーターの募集
医療メディエーターの募集について説明します。
動物看護師の募集
動物看護師の募集について説明します。
保健師・助産師の仕事
保健師・助産師の仕事について説明します。