看護師募集は豊富

看護師募集の情報を紹介しています。看護師は今、人材不足なので募集は豊富にあります。

 

自分の希望にあった条件の転職先探しを目指すことができます。

 

看護師募集サイトを上手く活用することが、転職を成功させる大きなポイントになってきます。

 

 

必ず活用したい看護師募集サイト

  1. ナースフル
  2. ナースではたらこ
  3. マイナビ看護師
  4. ナース人材バンク
  5. ナースパワー

 

 

※参考:看護師協会 ナースセンター

看護師募集状況

昨今、医師と同じく深刻な人手不足に陥っているのが看護師です。

 

2000年初期までは、看護師は就職氷河期などと云われていた時期もありました。しかし、2006年の診療報酬改定で、看護師配分「7対1看護」が取り入れられたことで、看護師を取り巻く状況が一変したといえます。

 

それまで、入院患者10人につき1人の看護師を定数としていたものを、入院患者7人につき1人の看護師へと、基準が引き上げられました。この、看護師配分が見直された背景には、患者1人当たりの入院基本料を、約3割引き上げられるメリットがあります。

 

しかし、この制度の発足により、看護師不足問題への引き金にもなりました。また、近年では、看護師の職域も拡大を続けています。特に、高齢化社会を迎えて、介護施設や老人ホームにおける看護師募集が急増をしています。

 

同様に、病床数の減少から、在宅医療の需要も増えています。このように、介護施設や在宅看護とした、看護師の新しいフィールドが次々と現れることで、看護師の需要が拡散されてしまい、病院を始めとするあらゆる医療機関で深刻な看護師不足問題が起きています。

 

特に、地方都市になるほど、看護師不足は顕著に現れて来ています。そして、看護師不足は、現場における看護婦の労働負担を一層、重いものにしています。長時間の勤務時間と緊張が強いられることから、精神疾患に陥る看護師も、増加の一途を辿っています。

 

一方では、看護師が結婚や出産を機に離職する割合も、他の職種と比較して高いものがあります。残念ながら、夜勤勤務の多い看護師の仕事は、子育てと両立することが困難とされています。このように、離職率が高く、更に復職率が低いことが、看護師不足を更に進捗させることになっています。

 

そして看護師不足が深刻になるにつれて、看護師募集の広告は増加の一途を辿っています。近年では、インターネット上に看護師専門の求人サイトが、たくさん登場をして来ました。看護師の世界が売手の市場を保つことで、少しでも良い職場を求めて転職を考える、看護師の数も増えて来ています。

 

※参考:ナース転職